酵素の正体とダイエットの関係性

最近「酵素ダイエット」という言葉を、よく聞きいたり、見かけるようになりました。
少し前までは、酵素と言うと洗濯用洗剤のイメージがありましたが、ダイエットにも効果があるというのですから、何だか酵素って良い物という印象がありますね。

では、そもそも酵素とは、一体何なのでしょうか。
実は酵素というのは、たんぱく質の一種で、体内の様々な化学反応の触媒の役割を担ってくれているのです。
現時点で分かっている酵素の種類は凡そ2万種類を超えていると言われていますが、大きく分けると3種類になります。
・消化酵素
・代謝酵素
・食物酵素
このうち、食べ物を分解する消化酵素、身体を動かしたり、物事を考えたり、呼吸をしたりする代謝酵素が、元々体内に存在しています。

では、なぜ酵素がダイエットに効果があるのでしょうか。
先ほど説明した3種類の酵素のうち、ダイエットに効果があると言われているのは「代謝酵素」です。この代謝酵素のおかげで、代謝があがり痩せやすい体質になるというわけなのです。
言い換えれば、酵素が不足すると代謝が下がり痩せにくくなってしまうのです。
酵素がどれだけダイエットに重要であるかを、お分かりいただけたかと思います。

しかし、勿論代謝酵素だけ摂っていれば良いわけではありません。
そもそも、代謝酵素と消化酵素は食べ物で摂ることができません。この二つは体内で生成されているのです。先ほどの説明通り、元々体内に存在していると言った理由は、その為です。
また、唯一食べ物から摂れる食物酵素の役割は、消化酵素のサポートと言われています。消化や吸収の手助けをしてくれるのですが、熱に非常に弱く、加熱した食材からは摂ることができないうえに、胃酸に負けてしまうとの説もあります。
しかし、この食物酵素を多く摂ることが出来れば、消化酵素のサポートをしてくれるので消化酵素の節約に繋がり、その分代謝酵素が活性化して、結果として身体の代謝アップになるのです。
最近増えてきた市販の酵素ドリンクには、この食物酵素が多く含まれているのです。

毎日生の野菜や果物を食べることって、簡単そうでなかなか出来ることではありません。
そういう方は、まずは酵素ドリンクなどで手軽に酵素を摂ってみるのも、一つの手ではないでしょうか。